FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

18.12.23 ☀ 蒸留水染め(ヒノキ)

精油作りから帰って早速、精油作りから出た液(蒸留水タンク内下の
溜まった液)とヒノキ葉(蒸留水を作る葉圧縮蒸し)での染めを楽しみ
ながら試みた。心ワクワク!!!
蒸留水染めです-5
ウール染めなので先媒染(明礬)済使用した。液はくすみのある5ℓの液。
入れた瞬間パッとピンクに成る。今までの我々の液出しだと茶良くて黄色。
予想を絶する色合いに感動。「いちょでピンク」とやら聞いたことが有りますが
こんな方法なのかと感動しました。自然の抽出方法ですよ。
ヒノキ葉液15リットルにして-1
今度は精油を抽出した後のヒノキの葉をいただいて持ち帰り、ネットに入らず
ザルに直接入れて液だし水は葉がかぶる程度。沸騰30分(精油出しの場合は
匂いさほど感じぜず)工房の液出しはタンクを密閉してないので目が開けれない
程きつい匂いです。部屋での液出しは薦めない!!!
ヒノキ葉液13.5ℓ (3)-2
出来上がり液は13.5ℓ全て使ってウール染めをした。水を加えず原液の
まま使う。40メッシュで漉す。
残液染め (3)-7
茶の入る黄色です。黄色はどれでも採れるので嬉しくないですが、防虫
効果が有るのでいろんな色にミックスして紡ぎ事にします。感謝して!!
色素残る (1)-1
やはり原液は色素が多かったようです。再度ウールを染めて透明な液にして
流すことに。山荘では全て庭にまきます。堆肥肥料に成ります。
葉と蒸留水-2
綺麗な澄んだ黄色に染まりました。驚きですね。3色、色をいただきました。
経験の出来ない染めをさせていただき感謝。
来年も楽しい色に出会えますように。「森林の風」さんに感謝。来年も宜しく。 
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR