FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

18.5.27 冬青の村雲染め

10日あまり上がらない間に庭のイバラが満開です。大きな花を沢山つけて
迎えてくれました。南に有った手がつけれないほどの大きなイバラは主人が
切って終いショックでしたが今年は西側で咲いてくれました「パパトゲが有る
有るのは切っては駄目よ」
茨―1
今日は新しいスタップ用にエプロン地を染めます。「村雲絞り」工房に有る
一番大きなパイプで染めます。先回も10枚が入ったので行けると思いましたが
-1.jpg
先回は1枚が200g。今回は350gかなり厚地です直径の
緩みを3cm考えて入れるのがそれでも大変。仕方ないので
5枚ずつに分けて染める事にしました。
染めー1
染め -2
パイプも重く主人にはかなりの重労働でしたね。染めて媒染に
5回染め。生地も水分を吸って2~3kgそれは大変。生徒の
皆さんも手伝って。
染めー3
1枚を村雲染めにすることはできません。しっかりと詰めて染めれば綺麗な
ラインが出来ます。今回も好い感じに染めました。10枚染めても上はどう
しても押さえ切れば液が入っていまいます。染めて使えるのが7~8枚ですね。
染めー5
液は冬青です。長い時間を得て発酵した液なので堅牢度もよく素晴らしい
出来栄えになりました。柄は横に出来ますが、生地が大きいので柄を縦に
使ってエプロンにします。6月の倶楽部みんなでミシンかけです。
サンプルー1
残液で生徒が絞りのサンプルを染めました。
冬青残残液 (2)-1
それでも色素は残るので武豊の工房に持ち帰って羊毛に全て吸わせて
透明な液に成りました。感謝!!!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

検索フォーム

QRコード

QR