草木染織 二人工房 工房の窓から

18.5.20 ☁ ヤマモモ染めをする

肌寒い一日です。明日からお四国巡礼に岩屋寺から参ります。21~24日の
三泊四日の旅です。一年が早いものです。今年は皆さんに迷惑にならない
ように参りたいと思っています。お天気が少し心配ですよ。
18.5.20 古4ℓ-1
準備を済ませて時間が有るので主人は染めをはじめました。少しはボーと
して居れば好いのにそれは無理なようです。古いふるい液を出してこれを
使って染めると言います。ヤマモモは渋が多くあまりきついと生地を傷める
ので染めない方がと申しますが聞こえませんね。
18.5.20 桜濃に活けませんね-2
布小さなもの6枚に4ℓの原液は多いよ。散々文句を言って良い色でOKです。
液も臭みも無く綺麗に液が保たれています。透明でサラサラとして冬青を
何度も「発酵液」を作りますがヤマモモは早く使い切ることにしています。
保存タンク内も長期に液を置くと渋でザラザラに成ります。
ヤマモモ―5
5回染めをして3回目液に戻す時に2リットル追加して染めました。最初は2ℓ。
表面が乾いて絞り糸を解きます。乾けばこんな肌色でしょうか。赤みがさして
好いですね。
ヤマモモ―3
絞りを解けば湿り気が来て濃い色に見えます。絞り解き後水洗3回して
干します。好い色ですね。長期間液を残せばどんな液も濃い色の液に
成ります。
やまももー6 
しっかり干して納経帳にしますよ。色さんありがとう。
追伸:色素の残った液はお四国から帰って羊毛に吸わせてすべていただきますね。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

検索フォーム

QRコード

QR