草木染織 二人工房 工房の窓から

18.4.30 ☁ ウールの糊付け

今回は1/7ウールの糊付けをします。糊付けは細番手や手紡ぎ糸等を
糊付けします。
糸の糊ー1
左タンクは湯の中にウールを浸して、右タンクに糊液。温度を出来るだけ
同じに持って行き作業をします。
ウールの糊ー3
タンクからタンクに糸を移動させるときはザルに糸を受けて手脱水して
糊液に入れます。脱水をすると空気の気泡が糸の中に入って綺麗に
糊付けが出来ません。
ウール糊ー4
糸の干場が非常に脱善としてますが糸の干し方に目をやって汚さを
勘弁してください。手紡ぎ糸は意外と糸がチリチリして張りを持た
なければ綺麗にゆきません。この糸は撚り止めが出来ていない
感じがしますね。撚り止めは糸染め等にひびきますから丁寧に
撚り止めをしておくことが大切でしょう。重石等は何でも好いのですが
身近なものを利用することを進めますね。生乾きに成るまでは下の
パイプの位置を少しずつ替えることが大切です。そうすればチリチリの
少ない糊付け糸が出来て綺麗です。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

検索フォーム

QRコード

QR