FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

18.4.21 ☀三重県民の森春を染める「ヨモギ板締め染め」

新緑ですねそよ風が少し吹く程度のさわやかな日に成りました。
暑いと聞くので心配をしましたが無地終わり感謝です。新しい
スタップを迎えてこれも感謝です。
そめー1
お孫ちゃんが久しぶりに応援に来てくれまして、お子たちを
見てくれるので有りがたい。もうその道のプロですから。
頑張れ!!!応援しています。
豆汁―1
二人工房の豆汁下地をして布を干し、ヨモギ採取に出かけている間に
前もって採取したヨモギ20kgの液だしをします。まずは9kg使って
2煎しました。24ℓ出来て全てを使って染めます。
指導ー5
散策から帰って豆汁布を干し、中で板締めの準備です。この時に布は
先に豆汁を済ませたものを使います。皆さん素敵な出来栄えです。
試し染ー1
板締めー2
現地で必ず試し染めをします。3枚の布を使って4ℓの液を使い染めました。
好い色がいただけました。県民さんの講座も20回を迎えて最近はお子の
講座が大人の講座に成りつつあります。
some -2
そこで6月1日と7月6日での二日間で大人だけの染め講座を
することに成りました。畳大の大きさの布を一日目豆汁をして大きな布を
干す。乾く間に絞り指導と染め指導をして過ごし次回に向けての準備をします。
楽しい講座作りをしたいと考えています。
写真ー4
参加者14名で染めました。板締めです~綺麗なヨモギ香り漂う色をいただき
皆さんの歓声が聞こえるでしょうか。
菰野町は「こもじゅく」等色々なイベントが盛り沢山な賑やかな町づくりを
若い町長さんが頑張っている湯の山温泉の有る町です。山荘で染めや
織りを楽しんで温泉に入りリフレッシュしてください。
何て言いながら好い時間を楽しんで居る私達です。有難い。ありがたい!!!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

検索フォーム

QRコード

QR