草木染織 二人工房 工房の窓から

18.2.10 ☂ 祝い着 今日も雨で寒い

お孫さんの祝い着ようやく完成しました。染めに半年。シルクと言えども
染め回数を減らしたりはしません。5回はしっかりと染めて織り始めました。
世古袴-1
今回は半紬(経糸は正絹と緯糸を赤城紬糸を使いました)始めてシルク織り
経緯糸に紬糸を使うは至難の業です。
世古袴 (1)-1
先ず祝い着の着物を織ってみて、袴に挑戦するかを考えていただきました。
糸の綛取り等が大変です。紬糸は高価ですから余分を多く取って染めることは
したくない。出来るだけ負担の少ない方法を取ってみた。
世古袴 (2)-2
着物と袴の色がイメージ通りに上がって大満足。家族も大満足と聞いて安堵する。
仕立の先生も高齢になって中々仕立ても出来ないと聞き我が孫の振袖を主人が
必死で織ってる真っ最中もう少し先生頑張ってお願いします。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

検索フォーム

QRコード

QR