FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

17.12.4 ☀ そろそろ終わるオレンジ染め。

寒くなって来ました。工房の南天と柚子、絵になりますでしょう。冬です。
今年は柚子が鈴なりです。稽古に来る生徒さんに少しずつ差し上げて
残りは皮と汁に分けて冷凍保存します。ケーキ等に材料に成ります。
工房の南天 (2-4)
オレンジを染める生徒さんの記録を載せていますが、中々綺麗な色に
染まりました。感謝せねばねと話しております。自分では染めない色です。
しかし染めることが出来てまた引出しに一つ入れて置きます。綺麗に染まり
ますよ。
オレンジ (2)-2
糸は豆汁がしてあるので染める前に毎回沸騰30分の「目開き」をします。
なぜなら糸の繊維を豆汁コーティングします。繊維を開いてやって所に
今回の色素が入り染まります。
オレンジインド1ℓ+刈萱500-1
糸を湯からあげてみれば色水は出ていません。全て染まりました。
あげた湯の中に色素を入れて染めます。
オレンジ④ (5)-3
液は温まっていますね。糸を入れれば手早く丁寧に色素を吸わせます。
ここで手早くしないと染め斑に成る原因を作ります。色素を吸わせて
初めて火をつけます。沸騰30分煮て媒染液に30分。
オレンジ4回目色ー2
すっかり色素を吸った糸は媒染液に入れても色は出ません。
オレンジ4回目色ー1
再度液にもどして放冷をしてそれぞれ持ち帰ります。濡れた色にするには
後1~2日染めます。染めるのは大変。でも楽しく嬉しい時間です。
生徒さんはこれにどんな縞に使うのでしょうか。ワクワク楽しみです。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR