草木染織 二人工房 工房の窓から

17.10.2 ☂ 湖東三山二人巡礼

30日湖東三山寺参りに出かけました。山荘を8時半出発。421号鈴鹿越え。
4km強の対面交通トンネルを走る。長くて少し怖い!!!
百済寺 (1)-1
永源寺を過ぎてしばらくすると百済寺に。寺前の大きな駐車場に車が2台。
「少ないね。御開帳で百寺巡礼に出たのに.私達もそれで知ったので来たのに」
駐車場から少し階段を上がり、本堂と思うほど大きな寺務所でした。ここから
始まる訳です。御朱印帳は先にお出しくださいと書いてあり、少し歩いて受付に。
百済寺 (11)-1
ここから庭園を見て階段を足元注意で上がって下さい。景色を見ながら「好いね」
少しずつ階段を上って仰ぎ見れば先は階段だけ。本堂はまだ先にようです。
またまた水を持って来ればよかったと後悔!!!鹿も食べないと「ミツマタが
至る所に植わっています。竹の囲いもしてあります。山荘も鹿で困り、看板が
直ぐに目に飛び込んで来ました。ミツマタの花が咲きそうな季節です。
百済寺 (13)-2
入山に入館料を取られました。成るほどと感じました。参道両側が紅葉です。
10~11月は紅葉狩りで大変賑わうそうです。ラッキー今で。
百済寺 (15)-3
山門に大わらじがかけてあります。両側には怖い顔の仁王さんです。くぐって
しばらく階段。よく上がりました。山寺本堂です。周りは紅葉できっと綺麗でしょう。
百済寺 (28)-4
仏様を見るのは格子から少し見にくいですが明かりが多くて見よいかな。
中央に十一面観音菩薩。右手に不動明王。左に毘沙門天。天台宗の
配置だそうです。その前に可愛い姿の聖観音菩薩坐像(右手)
如意輪観音菩薩坐像(左手)
百済寺 (23)-5
如意輪観音菩薩坐像(左手)は片足を立てて座しています。
聖観音菩薩坐像(右手)はうまく撮れませんでした。なかなかな階段でした。
降りた茶店で休憩して「金剛輪寺」に車を走らせる。
金剛輪寺 (3)-1
黒門をくぐって寺務所で入館料と御朱印代を出して。桃山期の庭園を愛でて。
出発。千体地蔵を見上げれば「えぇまたお山の本堂なの」先は見えません。
何と二寺共山寺です。本堂は国宝だと聞きました。信長の焼き討ちを免れた
僧侶達の機転でした有った仏像を上の本堂にあげて本堂の上のお山で煙を
炊いて「本堂が焼け落ちた」と思わせて焼き討ちに合わなかったそうです。
金剛輪寺 (16)-2
ありました。お四国を思い出しました。ので上ることが出来嬉しかったですね。
しっかり階段。最後山門まで45段あります。
金剛輪寺 (19)-3
これまた急な階段です。一気にゆっくり「おん あろりきゃ そわか」真言を
唱えて上がり切りました。「パパ大丈夫か」大丈夫。「穴行を済ませているので」
金剛輪寺ー4
本堂は国宝。正面からは入れません。脇から入りました。54本の大きな柱に
支えられて立っています。今国宝の中に座っていますと御住職。説明を聞き
ながら内陣で御住職の経を聞き、好い時間を過ごしました。帰ろうとした
私達に声をかけてくださって説明、経を聞くことが出来ました。
金剛輪寺 (25)-5
内陣からお出ましの御住職にありがとうございましたとお声をかければ
「ご丁寧に」と返って参りました。三重塔付近の紅葉は少し色づいて来て
ます。帰りは西明寺・永源寺を待って帰る予定で走り出します。
百済寺-6
今回は6枚の朱印をいただきました。いいえ納経朱印です。岩屋寺のおっ様が
納経して初めて朱印ですと話されます。一巻ずつ二人で般若心経を上げて。
小さな教本が助かります。パパが表紙を作ってくれました。これを持って5日は
南知多三十三観音参り。おっ様と一緒に皆さんとまわります。何だか思いがけず
準備巡礼だったように感じます。中々普段は廻れませんので。8時半から12時半
好い感じの時間でした。 合掌
























スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

検索フォーム

QRコード

QR