FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

17.9.6 なごみ機で手経り、もり込みをして機に上げる

なごみ機2本目経緯糸共1/8番手ウール(手染め)
左から栗・枇杷・黒金もち・野ブドウ十数年経っている糸です。
草木は薬効があり虫が着き難い!!!
和ー1
手経り20本立て 出発点は右下。アゼ杭と数え杭は並んでします。
縞立て通りに手経りを済ませる。この手経りは知多半島では「回り経り」と
言います176本ですから何度も色を替えながら経って行きます。
和ー2
これと同じものを2本手経りしました。本数の勘違いでもり込みしなければ
いけない状態になりました。床で作業をすることはいやなので工房の
手経りをする訳なのに非常に残念です。
もりこみー1
もり込みー2
もり込みー3
同じ縞を2本。同じ色の所にもり込んで行きます。どうしても織りたいと
思って頑張ってやりました。もり込みはしなくて好いように手経りの時に
行います。出来るだけ糸の長短を出さない作らない。どうすれば好いのか
工夫をします。次は織りますね。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR