草木染織 二人工房 工房の窓から

17.9.2 ☀ すっかり秋めいて 8月の納経作り「藍」

秋になりました。暑いあつい夏が過ぎて涼しい大好きな秋です。自然は素晴らしい。
日本は四季があって好い。景色が少しずつ秋色に。赤・黄・緑・茶・肌と染織する
色が全て愛でることが出来ますね。
帳納経 -3
今回は8月納経帳作り「藍」です。真夏の藍染めは清々しいものがあります。
おっ様のご挨拶をいただき今回はおっ様も参加です。
縫いが手馴れていすねと聞けば「足袋の繕いをします」とのこと。素晴らしい
帳納経 -8
体験講座は藍染め「インド藍」を使用します。日本のすくも仕立ては無理ですね。
初めは緑色をして回数を重ねれば紺に染まります。しっかりと染めて水洗して
酸通しをして絞りを解きます
帳納経 -2
雲一つない晴れ渡った空と藍色がいい感じでそよいでいます。中で内紙作りを
して乾きを待ちます。糊付け作業ですが全般的に糊の付け具合が多いので
先生は少し大変です。
帳納経 -7
午後から完成に向かって頑張ります。客殿のガラス窓を全て取り払って
ランチタイムです。皆さんで外を見ながらワイワイガヤガヤ楽しい時間。
納経帳が完成しました。
帳納経 -4
納経帳の表題を説明して下さってそれぞれ気に入ったものを書いていただき
完成です。
帳納経 -6
作る時間にいろいろお話をいただき毎回聞いてもなかなか私たちには右から左。
覚えが悪く困ったものです。しかし折に触れ法話を聞けば何か一つ心に入れば
幸いと感謝しております。
天野・おっ様。松本 (2)-5
完成すれば本堂で「般若心経」を皆で唱えて「これが嬉しい」自分も経に
参加していると実感が湧きます。帰って御朱印を押していただき写真を
撮って感謝。共に参加出来たことを感謝して。合掌
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

検索フォーム

QRコード

QR