FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

15.4.28 ☀ はじめての朱印袋作り

朱印袋作り講座が始まりました。参加者8名でする予定を4名,新年度の
お子達の家庭訪問と重なったと次回に日延べされました。受講生も
速く集まり、少し早く始めました。朱印帳を作った人の袋作りなので。
絞り (4)-1
工程:絞り・染め・作成の三工程です。朱印作りで成れたので二度も会えば
皆、友達!!!おしゃべりに花が咲き・・・でも手はしっかりと動いています。
いつもは客澱で作業をしますが、今回は他の行事と重なり、人数も少ない
ので本堂したの日のしっかりと入る部屋で講座を進めました。客殿は少し
手元が暗いので一人ずつ電灯を用意してくださいましたが、要らない
位です。
染め (10)-2
絞りが終われば、水に布を浸して(時間の短縮の為に少し煮て)今回は
先回ヤマモモだったので今回もヤマモモの色で染めます。
「色はどうしますか」全員が金茶です。染め液に入れて染めて、媒染液に
浸します。また染液に戻して。
染め (32)-3
体験用染め方法です。染め~媒染~染めと4人の人がこれで好いと言う
まで、染めさせて(人数が多いとそうは行きません)時間内の工程を
済ませて。4名なので一つのことが速いです。時間がたっぷりできて
それは楽しい講座に成りました。
解き (5)-4
染め終えて、絞りの解きに入れば寺内に受講生の同級生が要るそうで、
アイスクリームの差し入れが有りました。「溶けるのでいただきましょう」
こんな講座は始めて。いろんな話しを聞きながら耳学問の時間です。
大切な御主人を送った人。今介護をしている人。「先生、先生を大切に
せなぁ~居なくなると寂しいだで」主人に感謝せねば・・・・
作成 (5)-6
布干し12時の予定が11時に成りその間にランチをすることに成りました。
午後は作成。縫うことで形に成ります。
乾いた布にアイロンをして。布と接着芯にアイロンをかけます。待ち針一人
20本使います。人数が増えれば大量に成り、手作り磁石で終わりは掃除
です~。
完成 (6)-5
寸法を印づけして布をカットして、縫いに入ります。これからはさすがに
無言に成って来ました。手縫いには慣れた年代の人達です(私達を含め)
縫いは速い。丁寧。目は細かい。言うことなし・・・・
工程との間には必ずアイロンかけをします。アイロンがポイントです。
完成 (2)-7
終わりにはおっ様が間に合う予定ですが。速く終わりそうで間に合うで
しょうか。一人ひとりと出来上がって完成です。サンプルをお見せしたので
同じ丸、小を使って絞りましたが配置が異なれば皆さん自分のが解り、
世の中で一つの朱印袋と喜んで下さいました。これが一番嬉しい講座の
醍醐味!!!
写真パチリ (4)-8
お茶タイムをして待っていれば、おっ様到着。写真をパチリといただき
またまた話しに花咲き、別れが尽きないです。17日の月参りに会いま
しょうと、解散です。穏やかな時間と、お天気に恵まれたことを感謝して。
   「おん ばざら たらま きりく そわか」
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR