FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

15.4.6雨の合間に☀ 真菰を染める

今年も真菰に関わる季節が来ました。最近はなんと雨が多い。羊毛にしても
豆汁にしても雨ばかりであると作業が出来ない。もう4月。講座がいろいろ
始まると、布を精練等で干すことに広く場所を取ります。この作業も速く
乾燥して欲しい一つ。今日は本当に久々の晴れ間です。竹糸の豆汁をする
ようです。一晩浸した大豆をミキサーにかけて、その中に真菰の粉末を入れ
て糸を浸し30分放置して。
真菰豆汁ー1
真菰は中々色を希望しても思うような色に出会わない。こうすれば・・・・・
ああすれば・・・・・試行錯誤を繰り返していますが欲しい色が見つからない。
液を発酵させたりするけれど中々。今回は知り合いから真菰のパウダーを
いただき、ケーキ等に入れておりました。ケーキ等に入れると本当に綺麗な
緑に成ります。抹茶ですね。
真菰豆汁ー2
幾らでも使える量を持っていないので大切に。少し入れて豆汁をしました。
確かに緑には見えますが量が少なく濃い緑にはなりません。干すと色は
如何でしょうか。
真菰―5
30分浸した糸をしっかりと絞って干します。竹糸は綿糸より吸いが悪い
ので液がかなり残りました。もう一度糸が生乾きに成って豆汁液に浸し
今度は糸を絞らないで干します。糸が1本ずつパラパラに成るまで乾燥
させて。
真菰―3
2度目の干し糸です。かなり薄い。「再度別糸で豆汁をするよ」緑がいた
だけると嬉しいですが。ケーキには適している粉末の細かさ。でも豆汁に
入れて見るとまだ粉末が粗いです。糸用に粉末を作って欲しい。糸を干して
糸をはたくとパウダーが飛び散ります。「まだ粗いなぁ」と話しています。
今年は「真菰」の栽培をする予定です。観察してどんな具合に育って、葉を
いただく時期は何時が好いのか。育てれば好きな時に採取することが出来ます。
9月に筍がいただけるチャンスも有りそうこれも楽しみ!!!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR