FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

15.1.1 ☃・☀ 新年おめでとうございます

新年 おめでとうございます。「工房の窓」から今年も感じること、伝えたい
こと等発信して参りたいと思います。講座として新たなこともあり、楽しんで
染織して参りたいと思います。
15正月飾り-1
毎年「南天」を活けさせていただきますが、娘の庭には垣根のように緑地の
中なので小鳥が運んで来るのでしょうか植わっています。
南天の枝の中は綺麗な黄色をしています。柊も同じですね。明礬で黄色。
Feで赤みの鼠が染まります。草木染は身近にある木々で草等で染めるの
ではないかなとおもます。染めると身近な植物を背を低くして感じることが
出来ます。
南天ー1
木綿等はタンパク質が無いのでタンパク質を付けて染めると色素をいただ
くことが出来ます。工房では「豆汁処理」をしております。他に牛乳・卵白・
海草・こんにゃく等で処理すると同じように色素をいただけます。身近にいた
だけるもので染めるとようでしょう。
豆汁処理:布・糸1kgに対して  大豆150~300g 水1600~2600cc
季節等で分量が異なります。
ポイント:大豆は一晩分量の水に浸す。 浸した水でミキサーで撹拌。
      出来た豆汁液は全て使い切る。
      5回以上重ね染めをしない人には豆汁処理は向きません。
斑に成ることを気にしないで処理して染めに使ってください。
今年も素晴らしい色をいただきましょう。
          
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR