FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

19.7.27 台風6号到来 工房の柿渋

もう何年にも成ります工房の「柿渋」です。6月の飯田合宿で生徒さんと作りました。当日作った液で染めれば染めた全てのものが乾燥すればバリバリになりました。布や糸には向きません。何年もお蔵入りしていた柿渋を今、工房で一閑張りをしておりますので使っております。柿渋特有の匂いもせず、色も薄く。工房ではこれが出来栄えとして好いものかは分かりかねますが、わたくしは気に入っております。糸の染めるとゆっくりと色が尽...

19.7.19 ☂ ウェディングドレス生地を織り切りました。

40m整経の60cm幅を1年と10日かけて織り切りました。想像したよりも大変でした。歳も重ねて根気が短くなり1時間は座っては織れません。好い音を立てて織ってるなと思えば庭で草取りをしたりしては織ると言う感じです。今回は組織織り。それにも神経を使います。まぁ~良く動きます。庭も綺麗。織りも少しずつであるが進む。全てがダイナミックなので動作が大変!!!千切りに経糸を巻き取り機の載せる「わぁ重い」綜絖通...

19.7.11 ☂ シトシト雨の中で!!!

サルビアマドランシス 大きく2mにも成るそうですよ。山荘のマドランシスは2年目。今年は葉がグングンと大きく元気です。昨年の苗から葉は想像もできない程元気に育っています雪で新芽が折れて、中々新芽が出ずに心配しましたが花の時期が楽しみ!!!セイジの仲間で香りが有るので鹿も食べません。鈴子さんにいただいた金魚が元気に生徒さんに見えるように染織をする傍に置いてあります。作業中でも愛でることが出来て好い感じ...

19.7.1 ☂ かぎ針ケースのかぎ針編み

雨が各地で降り続けています。梅雨は必要なものですが豪雨は困りものです。外では木立ベゴニアが今年も咲き始めました。沢山の鉢植えを冬越しの為に室内に置いて愛でたのですが余りの冬中さき続けて素人の私の手には春先どのように管理してやれば好いのか外に出すと株にカビが出たりと弱ってしまいました。葉がすっかり落ちて可哀想。差し穂をしようと思えば花が咲き始め、剪定の時期を逸して、今は花を愛でてます。かぎ針でかぎ針...

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR