草木染織 二人工房 工房の窓から

17.11.26 ☀ 納経帳袋作り「五倍子染め」

天気は上々またまた暖かい日が射す一日です。五倍子染め全員がおいでに成れずまたの26日においでいただくことに。来年の8月26日に来ます。仕事をしていますので日曜日でないと。待っていま~す。裏芯をアイロン掛けして、型紙を載せて20本の待ち針を使って布を固定します鋏を入れていよいよ縫いの時間です。もう縫って返して出来上がりです。頑張ってください。縫いの初めと終わりは大切ですからしっかりと縫ってくださいね...

17.11.19 ☀ 岩屋寺納経帳講座「五倍子染め」

今日は素晴らしい天気に恵まれて。お日様が出れば暖房は要りません。静岡掛川から知多半島阿久比・半田・乙川から参加です。掛川の方は7時過ぎに2時間半かけて高速続きで走っておいでになりました。暖かく準備をしてお迎えおっ様は法事等で、会場には中々の所お顔を出してくださり穏やかな又賑やかな時間を御縁でいただきました。工程の説明をして絞りを2枚絞るので職員さんをはじめ私も手伝いをして11時半から染めに入ります...

17.11.9 ☀ 背高泡立ち草染め続き

先回綺麗な色をいただくには水と土と。山荘で液だしをすると色が冴えて澄んでいます。それからはできるだけ染材も山荘付近で調達したい、液だしもしたいと感じように成っています。一つ感じていることはウールの鉄媒染が斑に成ることが多くなりました。主人も歳を重ねて少し動きがスローに成って来ました。動きは染めの命!!スローな人は綺麗な染めはできないかな。少しでも早めに作業をすると好いかも。羊毛も何年もかけてこれが...

17.11.7 ☀ 背高泡立ち草染め「水と土が大切な染織」

染織は水と土が大切!!!染材がその土と水で生かされて私たちは染材にいただきます。解っていてもはっきりと色で示されれば感動します。いただき物でも採取でも染材がどんな環境で生きたを知ることは大切。毎年ではありませんが背高泡立ち草の色のイメージは好んで染めたと思う程ではありませんでしたね。今回講座で試し染めをしてびっくり、ハッとしました。山荘では液が透明で黄色です。しかし時期を少しいっしたのであまり好い...

17.11.5 ☀ オレンジ染め

11月に入り朝夕寒さが増してきました。工房の天狗紅葉を正に紅葉して来ました。紅葉はどんな色が染まるでしょうか。楓の仲間は茶~鼠染めることが出来ますが。工房の天狗紅葉が染めていません。南天も色好く、茎は黄色が染まります。意外と身近に染める色はあるものです。そんなつもりで散歩中お庭拝見も楽しい時間です。柚子がたわわに成りすぎて木が斜めに成っています。そろそろ採取しましょ。これは琉球藍です。今年はしっか...

17.11.4 ☀ 遅い五倍子採取

指導を終えて帰りに県民の森で今年の五倍子を採取する。今年は台風続きで採取の適している時期を逃がしてしまう。残念!!!それでも見回りなどで落ちている五倍子等を採取して下さったり声をかけていただいたので採取に出かける。寒~い木枯らしが吹く。じき冬です。そんな風の中を採取。人が見れば「寒い中いい大人が何を取っている」と少しこっけいなスタイルで夢中です。私たちにすれば自然からいただく貴重な染材です。池に落...

17.11.1 ☀ 今日から写仏の手解き!!!

名博の会期中に見つけた「写仏」の本。同じギャラリー会場で写仏弥勒会」展覧会が有り、「写仏」というもの有りと知りました。染織以外の趣味を見つけたいと「写仏」の手解きを受けようかと孫に話せばこの本を買ってきてくれました。これを塗ってみて出来ればやってみれば!!!成るほど・・・この本塗り絵をしました。やってみるものです。それから岩屋寺の観音様の見方や感じ方が替わってきました。自分にすれば好い方に替わった...

Menu

検索フォーム

QRコード

QR