草木染織 二人工房 工房の窓から

17.4.28 ☀ ヨモギサンプル染めをする。

今は朝晩が何時までも寒くて、藍の苗が中々大きく成ってくれません。写真は4月22日。今はすっかり大きく成りまして山荘に23日に本植えしました。例年であると県民の森では受講生の皆さんと本植えをするのですが残念ながら今回は職員さん達が植えられます。何時の年かもありました。工房の琉球藍の大きく冬越しをして遮光ネットをしてすくすく育っています。ヨモギを染める事を決めて、車で走っても散歩してもヨモギよもぎと探...

ヨモギ染めの続き・・・

22日に講座を済ませて、残液を山荘に持ち帰って…からが大変です。色素が残るのこる。色が淡いので原液で染めました。体験染めはその場が勝負です。出来るだけ退色を遅らせたいので原液にしました。出来た液56ℓを等分に分けて染めました。色素が残ることは承知の上で染めました。残液は庭に撒いて肥料にも成りますが、スタップが何度も出かけてヨモギを採取してくれたヨモギ。おろそかには出来ません。布の染め色が悪いですが光...

17.4.25 ☁ 三重県民の森春「よもぎ染め」

4月22日県民の森講座「春色を染める」よもぎ染めをしました。天気も良く30名近い方と楽しいひと時を過ごしました。講座が始まる前の恒例の写真撮り。スタップが居ての講座です。いつも感謝です。今回は孫の友人がスタップに参加。卒論の参考にと来ました。二人工房の「豆汁処理」これを広める為に必ず受ける講座は豆汁をします。布:1kgに150gの大豆/水1500ccを浸して一晩。翌日講座でミキサー2分1回。細かい布...

17.4.19 ☀桜染めの朱印帳作り

今日は岩屋寺の朱印帳袋講座に武豊町の方が参加です。一人の参加で少し寂しいかもですが、おっ様と色々話しが弾んでラッキーです。大勢ですと作業に割れて時間ばかり気にかかり、今回も好い時間をいただきました。講座は絞り柄を作って染めに入り午後から朱印作りをします。絞りに、染め。作成に60分位でしょうか。間におっ様のお話しが入り、今回はお着物のお方。初めてで着物が汚れないかと心配です。染めも自分でしていた抱き...

17.4.14 ☀ 手拭いの桜染め

先日沢山の桜の枝をいただき、一部を活けて、残りを小さく4~5cmにカットして(主人としては珍しく)丁寧に切って39cmタンクに一杯詰まり液出しを3煎しました。岩屋寺の朱印帳講座に今月使うので色の試しをしました。手拭い1本絞るのが面倒で何かサッと絞れる方法と考えて!!!絞りを解き、水洗して色水の出ないことを確認して干します。布地に豆汁をして時間が経っているので豆汁染めを心配しましたが豆汁の効果は時間が...

17.4.9 ☀ 八風吹き荒れる 紫根染め

毎度ながら紫根は素敵に染まります。有難い色です。感謝!!!材料は購入するので自分で選ぶことが出来ない。今回はこんな紫根かと思うしかない。「大きな枝の様な紫根も有れば、これ色素有るのと思うことも有る」よくよく根を砕いてアルコールに浸すこと2時間。1回目を漉して2回目、熱湯を入れて根を出来るだけ砕いて1時間放置。出来た液で染めること2回。1年に一度恒例の染めをして新たに染織に入るが3月の初めに染める事...

17.4.5 ☀のち☁ カラスノエンドウ染めの続き

カラスノエンドウ染めの続き・・・昨日の液出しは21Lありました。今日も明礬と出し金を染めます。二人で今日も散策。春真っ盛りで野草が元気です。あまり気にしないで散歩を楽しんでいましたが沢山の野草たちが花を咲かしています。ウール染めには欠かせない染めザル。これが無いとウール染めは糸を焦がして終います。ザルを上下するだけで染め斑も無く重宝する道具です。今回も液が有るので全てを使って染める事にしました。各...

17.4.4 ☀ カラスノエンドウ染め(ウール)

天気も上々。羊毛の水洗いや液だしをしてウール染めをしました。3年前位まで大量の刈萱が生えて工房の染料の一つでしたが、今回NKHの甲斐信枝さんの放送を見て解りました。野草世界も大変です。今年裏の空き地に「カラスノエンドウ」が生えていても来年生えるとは限らないそうです。空き地にはオオイヌノフグリ・西洋タンポポ・ノゲシ・カラスノエンドウなど名前の解らない野草が沢山生息しています。ザルを持って少しの時間で...

Menu

検索フォーム

QRコード

QR