FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

16.5.20 ☀ 久しぶりのパパの機音

今週は岩屋寺さんの講座等で一週間工房に居ります。17日は昨年からご縁をいただいて、一度も欠かさずお参りさせていただいております。18日は「観音経」と寺子屋くらぶ。19日は朱印帳講座です。月三日から四日は毎日日参して。観音経も月を重ねるたびにお人が多く成り楽しいです。経の後は「お茶タイム」今日は遠方から参加も有ってとても有意義な時間を過ごしました。鈴木さんの完成したカーディガンを見ていただき三作目に...

16.5.14 ☀補習で集まる

倶楽部で今年は「単衣を縫う」をテーマに名博展示をします。毎月集まって少しずつですが進んでいます。山荘のシンボルツリー「冬青」です。新緑を迎え,雄雌問わず花芽を付けます。花を見れば雄雌ははっきりと解り今はとても緑が綺麗。染めは出来ない休眠期です。秋から染める事が出来ると言いますが8月から液を作ることが出来ます。いつも指導ありがとうございます。少しずつ遅れていますが少しずつでも進んでいます。本当にあり...

16.5.7 ☁ 綿糸で五倍子染め

昨年の10月に豆汁をした糸です。糸の表面を豆汁液でコーチィングしているので染める毎回30分目開きの為に湯の中で30分煮ます。今回も湯から糸を引き上げれば湯は透明です。しっかりと豆汁が出来ている証拠です。脱水して糸をしっかりと捌いて液の中に入れます。出した液は色とは似使わない色です。「これが綺麗な紫色に成るの」成るのですよ。今回は液を早めに入れてしまって早く入れすぎると豆汁が色素を吸い取って染まらな...

16.5.2 ☀ 染めをしました。

連休に孫達が山荘に帰って来ました。県民の森のアスレチックをしたりバトミントンをしたり、1年生の、りこちゃんは裂き織りに夢中。染めも必ずと言って言い程染めます。「今回は赤で」茜の液を出したり絞りも1年生も3年生の坊やも絞り染めをする為にチクチク縫っています。縫い目の大きさ等を講座等に尋ねられますが「縫えれば大丈夫です」先回使って液だしをして茜を乾燥させて今回また液を出しました液だしを見ることも少ない...

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR