草木染織 二人工房 工房の窓から

16.3.31 ☀ 3本撚りをして羊毛の世界を広げる

風邪を引いて寝込みました。何とかして抜け出したいとパソコンも前に座る。指導日に3本撚りを指導した。単色で紡ぎ。ミックスで紡ぎ。そろそろ糸をして使って欲しいと3本撚りをしました。指導の合間をぬっての作業、糸の撚りが出来ないように何かに引っ掛けて彼女は故郷山口でお母さんに綿を植えていただき、綿花も紡毛機でステキな糸にします。何年かに成るか皆で紡毛機を買って、名博テーマ「羊毛を紡ぐ」と名打って原毛を洗い...

16.3.25 染め楽し 山荘☂時雨れて里☀

お彼岸も過ぎて山荘では鴬が鳴く。豆汁シーズン染めシーズン到来!!!冬中体の不調を言っていた主人も今年の講座の準備に入ります。県民の森講座の布豆汁。今回は茜染め。園内に日本茜が生息しています。それを使っての染めは不可能ですが染めをします。布もいつもの倍量となり準備が大変です。布が大きくなると作業も大きく成り大変。八風が吹いています。八風は名の通り左右、上下と渦を巻くように風が吹きます。この風が発生す...

16.3.17 ☀ 帽子を編みました

寺子屋くらぶ用に帽子を編んで見ました。並太毛糸で編んだことは久しくなく編むのは手から言うととても楽でしたが毛糸は柔らかく編んでびっくりです。通常手紡ぎで編んでいることを忘れていましたね。家族が順番にかぶると頭にチョッと乗っかっているだけで「なんとも」これは困った。やはり見本にしても手紡ぎかなと編み直しました。細いモヘヤを3本撚りにして70g程度で編めるかなと編み出してこんな具合に足りません。主人曰...

16.3.14 ☂芽吹きのあめです。3本撚りをしてみました

編んでいた帽子の並太が足らなくなって3本撚りをすることにしました。編んでいる毛糸の風合いとよく似た糸をと思ったのですが目的を持って紡ぎ、糸作りをしていなかったで直ぐには糸が有りません。メリノのミックスで紡いだ糸があり、これで3本撚りを試してみるとメリノは柔らかく少し今の帽子には向きません。帽子はモヘヤ糸をスオウ染めでナバホ撚りにしたものです。どうしょう。 左右の糸が濃いので中央の薄いものと組み合せ...

16.3.11 ☀桜染めとリーフたわし編み

先日桜の幹や枝を沢山いただいた方と桜染めをしました。薪用に感謝!!おいでに成る前日までかかって薪用にカットしたり染材ようにカットして液も出して当日を迎えます。よくよく話しを聞けばいただいた小学卒業の記念に桜で染めた布を渡して皆さんで寄せ書きをと思っておいでのようですね。思いは強く、色にもこだわりをお持ちでお子達が桜で染めたと解る方が好い。薄い色(色素が少なく)は退色すると話しても桜色をと希望を持っ...

16.3.7 ☂ 春は行ったり来たり

1月に並太を「蘇芳染め」して編み始めて形に成って来ました。今回はカーディガン。後見頃は比較的楽に編めますが、前身頃の袖と衿ぐりの減らし目が大変そうでしたね。2月から月一に倶楽部を開くことにしたので中々進みません。今日は肩のすべり目に入りました。バッチリと毎回大きさが合ってすばらしい。柄を考えながらすべり目を、減らし目を編んだり少し大変ですが頑張って。セーター等は並太で編みます。極太も好いのですが糸...

16.3.1 ☀  五倍子ウール染めの成果

2月19日岩屋寺さんの朱印講座の残液があり、その色素を全て吸わせる作業を2月末までかかりました。染材はヌルデの木に着く虫の袋コブです。作業する液は綺麗なものではありませんがこれがこれだけの色を提供してくれます。全てを使切ってやりたいと思います。染料屋さんで決して買わなければ手に入らないものではありません。雑木林にある木ですから散策等をして見つけて見てはと思います染め始めた頃は側溝に5個色も汚く、色素は...

Menu

検索フォーム

QRコード

QR