FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

115.4.30 染毛の続き

15.4.4に染毛を投稿してみましたが、再度染毛に付いて・・・原毛1袋を今までは一度に作業をしていました。大量の為に中々作業が捗らずに作業を工夫しなくてとを思っていました。一度に一気にするのではなく、少しずつ1工程を済ませることに。①5ℓ程度の水を容器に入れて一握りの原毛を入れて洗う。水を2~3回替えながら。大きなゴミは取り除き、水の中で原毛を広げるようにして洗います。終われば別容器に移し、一山に成...

15.4.28 ☀ はじめての朱印袋作り

朱印袋作り講座が始まりました。参加者8名でする予定を4名,新年度のお子達の家庭訪問と重なったと次回に日延べされました。受講生も速く集まり、少し早く始めました。朱印帳を作った人の袋作りなので。工程:絞り・染め・作成の三工程です。朱印作りで成れたので二度も会えば皆、友達!!!おしゃべりに花が咲き・・・でも手はしっかりと動いています。いつもは客澱で作業をしますが、今回は他の行事と重なり、人数も少ないので...

15.4.26 ☀ 山荘に4枚目の看板を付ける

山荘にも春が来て、今年は鶯が本当に良く傍で鳴きます。県民の方が沢山の野鳥が鳴きますねとヤマモモを持って上がっておいでの時にそう話しておいででした。じつは自分達の傍で良く鳴くけれど、その聞き分け等が判りません。 判るは鶯のみ。お恥ずかしいことで・・・・・お天気が続くので今日あたり外壁塗りをすると話していれば武豊から棟梁達が上がって、お願いしていた看板をすえ付けに来て下さいました。「良かった。外壁塗り...

15.4.22 ☀ 風引きさんなぜ作業をするの

今日は天気が好い。昨日から風邪気味で声をからして休んで居るのに動き出して「藍糸を洗う」生徒に分ける糸を確認のために洗いをはじめる。染め終えてしばらくしているので灰汁の状態の確認を思いついたようである。最近生徒も私達同様に歳を重ねて、藍の糸を洗濯機で洗いをしている。話しを聞けばみんなしている様子で肩、背中を痛めるよりは良いかと、自分もして見なければ推奨できません。1回目普通回しで9分した水の色成るほ...

15.4.19 ☀ ありがたい天気です。

朱印帳作りは回数を重ねてもこれで好いと言う事は毎回ありません。講座の会場がお寺さんなので失礼があってはならんと毎回主人は神経を使います。一番に天候。お寺の軒下は民家よりは広くて大きいのですが、なにせ高いので雨が染め場に入り込む。初めての時は大雨でスタップの背中がびしょ濡れに成って風邪を引いたのではないかと気をもんだことがあります。それからは天候が一番気がかりです。定員10名ですが今回は日曜日とあっ...

15.4.15 ☀のち☁のち雨の繰り返し…変な天気です!!!

天気が急変すると言うので工房でゆっくり出かけることもしないで、ドラム整経をすることにしました。時々遠方の生徒の為にドラム整経を依頼されて整経をすることがあります。十数年前に成りますか、福井の母からドラム整経を依頼させて、歳をとると目が見えにくくなり、今の私は良く解る。それでも織りを続けた気持ちも良く解ります。彼女は60代に成っているでしょうか。今は親さんの介護等で松本から出かけられない。これもよく...

15.4.11 ☀ 快晴嬉しいです!!!

先回蜂の巣箱作りの手伝いをして、今回は設置をする作業を手伝うことに成りました。今朝名古屋から走って鈴鹿を見れば山は雲をかぶっています。今日は有るのだろうかと山荘に着く頃にはすっかり晴れていました。山荘から眺める尾高山は桜が真っ盛りです。毎年こんなに桜が綺麗だったかと感じます。雨上がりも有って山が綺麗です。ウグイスは鳴き春が来ました。巣箱は5個作りましたが今日行けば沢山に増えています。指導者の方が私...

15.4.10 ☂ 岩屋寺「朱印帳」見本と朱印袋

二人工房ホームページ表紙に載せました。愛知県南知多「尾張高野山・岩屋寺」内の木々を使って表紙を染め自分だけのオリジナルのご朱印帳を作ってみませんか。詳しい内容は二人工房表紙のチラシをクリックしていただければ見ることが出来ます。なお、月によって朱印帳・袋の表紙の色が替わる予定です。見本をみてください。「茜」は寺内にありませんが希望が多いので5月は茜染めにさせていただきます。詳しくは岩屋寺 0569-...

15.4.10 ☁ まだかぶっているかしらん

ホームページは娘が管理者で作っています。仕事が忙しくなったので手をわずらわすことを避ける為にブログにしたのですが、やはり手を掛けさせてしまいます。4月に成って、ここ(和の小さなキッチン日和」にブログを移転させたのですが。移転まではしてもらわなければ、動けません。困った困った!!!最初の4月2日ブログは調子よく載せることが出来有難いと感謝!!!ところが今回の表紙「カモミール」が気に入り、工房の窓の表...

15.4.6雨の合間に☀ 真菰を染める

今年も真菰に関わる季節が来ました。最近はなんと雨が多い。羊毛にしても豆汁にしても雨ばかりであると作業が出来ない。もう4月。講座がいろいろ始まると、布を精練等で干すことに広く場所を取ります。この作業も速く乾燥して欲しい一つ。今日は本当に久々の晴れ間です。竹糸の豆汁をするようです。一晩浸した大豆をミキサーにかけて、その中に真菰の粉末を入れて糸を浸し30分放置して。真菰は中々色を希望しても思うような色に...

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR