草木染織 二人工房 工房の窓から

14.7.20 三重県民の森「生葉を染める」

今年も「生葉を染める」季節到来。梅雨はあけましたが、山の天候はまだ梅雨のようです。参加者48名と聞き、部屋に入れるのだろうか。48名がトンカチと叩く木槌の音は大変だ!!!皆さん真剣に「生葉を配置」するところをいろいろ考えて、大きな葉・虫食いの葉。48名いれば48柄が生まれ、毎回すばらしい。葉を叩き用を用意して、外で生葉用の葉を準備します。森のスタップの方が昨日の雨で既に刈り取って下さり。昨年は皆で...

公民館講座  つづき・・・から

液を出しながら絞りをして絞れた人からボール2個で18~19名で染めを進めます。ボールに液を10ℓで染めを。原液のまま染めます。媒染は明礬です。綺麗な黄色がいただけます。染めは染め~媒染~染め~媒染~染め   必ず染め液で終わります。体験ですから一工程1~2分ずつ。この方法で次回は本染め。時間は一工程30分ずつ行います。調理室の高い所で作業をします。声を掛け合って作業をしましょう。黄色は媒染に潜って初めて色が見...

14.6.27 千種公民館講座 「豆汁布を干す」 NO1

今年は「老人会」と言うことで元気な男性が8名参加。絞れるのかな・・・紐で縛るかな…輪ゴムを使うかな…と考えながら講座が始まる。昨年参加の人が1テーブルずつに要るらしく、作業が速い。布のネームを入れて調理室で水に浸し。講座のあいさつもない間にあれよあれよと進む。配ったテキストもしっかり見て参考にしてこれが絞りたいと希望がありスタップも忙しい様子。挨拶済ませて、手順を話して作業開始!!!今日はまず「配っ...

14.6.21~22 なごみ倶楽部合宿「伊那長谷 みらい塾」

毎年この時期倶楽部で合宿をします。今回は伊那市長谷の「みらい塾」さんにお邪魔しました。生徒さんの堆肥がご縁で。「アルストメリア」を栽培されている農家民宿です。それぞれ遠方から3~4時間かけて走って来ました。と言うのも堆肥の効いたアルストメリアで色を出したい。染めてみたいと言うことに成りました。工房では指導に草類は使いません。毎回指導に液を出して置けないからです。液の長持ちのする樹木が主です。草類は...

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR