草木染織 二人工房 工房の窓から

13.11.10 羊毛でパパのジャケットを織る。

2/10糸で生徒さんがジャケットを織る。上下の糸を切り替えて、下糸の赤。上糸にいろんな色を混ぜ込んで整経し、緯糸は紡ぎ糸の3番手位に成るでしょうか。まだ初心者なので中々糸が細くなってくれないとボヤイテいますが、それはそれで織れば味わいのある糸に織り地がなります。あまり整っていると面白みがないです。大管は34本しか立てることができません。管が沢山要る場合は工夫しなければ成らず少し大変。今回は色糸に何...

13.11.5~6指導

来年の名博「羊毛を織る」に向かって皆が頑張る!!!昨年皆で染めたサフォーク(汚れから染毛)ようやくカーダーにこぎ着けてじき紡ぎます。あか:インド茜・薄茶:冬青です。羊毛染めは染めは1回ですが、一日仕事です。紡いだ糸を木枠に巻いて、4個1セットで蒸しにかかります。4個を一度に蒸しをする場合染めタンク39cmで蒸します。ザルを逆さまにして水7ℓを入れて。水は多くは入れないことです。湯のはねが羊毛に付かな...

13.11.1~2  藍染めに煮染め

今日は「藍染め」一日に8kgを染める。紺は6kg・縹1kg・浅木1kg。それは大変。中に入って機仕事などしておれない。一日染めている。工房では、「豆汁」をするので染めをする前に「目開き」と言って沸騰して30分糸を煮る。脱水したものを糸捌きをして冷まして、藍液に入れて染める。この作業は目開きと灰汁ぬきを兼ねる。藍の色が好い。毎回そうして5~10回程度染める。計15~30回染めることに成る。一日3回染...

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR