FC2ブログ

草木染織 二人工房 工房の窓から

20.3.29 指導及び講座中止お知らせ

皆様お元気ですか。今回主人の手術で三月指導を
お休みさせていただきました。
色糸織りー1
同時にコロナで世界中が大変な時期を迎え、速い収束を
得るには世界中の皆様と共に耐え頑張らないといけない
と感じております。私はささやかな嬉しい、楽しいを見つけ
ようと過ごしております。
森のコブシー2
4月以降も様子を見ながら今は指導をお休みして自分の
出来ることを工夫努力して過ごしましょう。
スポンサーサイト



20.2.25 ☀久しぶりの紫根染め

久々に山荘工房は上天気に成りました。初染めとは行きませんが
2月に入り染めに入りました。というのも昨年の台風15号で尾高山の
あちこちで崩落等があり、今も手付かずのままです。今澤水が使えず
難儀してます。
紫根染め (2)-3
新しい生徒さんと紫根染めをします。
紫根染め (1)-2
ショールや服を染めるそうです。
紫根染め (5)-4
紫根染め (3)-5
一日かけて染めた紫根の色です。
紫根染め (7)-7

20.2.3 ☀ 常滑屋展搬入

今年も素敵なお花を活けていただき、常滑屋展搬入する。
搬入ー1
生徒さんが遠方の方が多くて恐縮しますが今回も伊勢から2時間半かけて
来て下さり感謝!!!
搬入ー2
今回も「色糸織り」ワークショップを2月8~9日と11日の開催。
1回4~5人が丁度良い!!!開催前から予約が入り感謝!!!
搬入ー3
今回も販売できる作品が生まれて嬉しいこと。皆さんよく頑張って。

20.1.21 新年明けて大寒。

令和二年新年が明けて早,
2月が来る。暖かく草木に眠りも浅い感じである。
岩屋寺から見る夕焼けも赤みを帯びて暖かい感じがする。
夕焼けー5
腰機の生徒が手べりをする。染めた5/4の綿糸で整経をするのですが色々
こだわると先に進めない。時間を開けて再度整経する。
色糸ー2
茜・山桃・・黄色と緑・グレー・五倍子染めの少ない糸を全て持ってきて手べり。
手経りー1
手べりー5
アゼを二か所取って、なるべく手を出さないで、時間がかかってもいいので。
完了ー4
どうすれば自分一人で作業、出来るかを考えながら・・・
中田4段柄-1
色々に囲まれて過ごすは幸せの極み。
何もしないでいると手がさみしい。
正月から見れば4~50枚アクリルたわしを編んだ。二月の商品にでもするかな。

19.12.24 12月の倶楽部

今日は15日指導最後のランチ会です。久しぶりに飯田からも参加してくれました.
真冬とは思えない程、風もなく温かな一日でした。山荘から里が見えてきました。
豆汁ー1
チョい染め体験ができる準備に小さな袋の豆汁を70枚皆でしました。
1.2kgにもなりました。1㎏基本の豆汁150g大豆/水1500ccで昨晩から
大豆を水に浸して作業をします。ミキサーに2分撹拌して、袋を豆汁液に
浸して20分放置して干します。
 豆汁ー2
 豆汁ー3
可愛い小さな国旗を干しているようです。袋なので3~4時間は粗乾きに
かかるかな。冬はすんなりと乾燥しないので暖かくなるまで待ったほうが
いいかも。温度によっては豆汁したものが凍るので避けましょう。
染めー2
1 染めー
やはり染めはしたいものです。袋を絞ってきてるので(発酵冬青)液で。
通常の冬青液と発酵液は色が全然違います。深いしっかりとした色に
染まります。
色糸ー1
今回のメインテーマ「色糸織り」です。冬の講座なので久しぶりの人も。
色糸に包まれて織りをしていると時は至福の時間です。
色糸-2
小さな枠の中での世界.一つとして同じ作品は有りません。
講座には毎回参加の方も多くなってきました。糸探しが
大変です。来年一番最初の講座。県民の森さんは枠作りから。

Menu

プロフィール

和

Author:和
草木染織 二人工房 和です。
主人と二人で日々コツコツ、
自然と向き合う贅沢な時間を
素敵な仲間と送っています。

一人でも多くの方に草木染織の
素晴らしさと良さを知って
いただけたらと思っています。

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR